生え際が薄い前兆

生え際に短い毛や産毛が増えてきたらハゲの前兆!酷くなる前に始めておくべきこと

更新日:

生え際に短い毛や産毛が増えたらヤバイ…

「前髪をかき上げて見えると生え際に短い毛が多い…」
「産毛のような細い毛もあるけど、これってはげてきてるの?」

はじめに結論をお伝えすると、
生え際に短い毛や細い産毛のような毛が増えているのはハゲの前兆!です。

僕も経験があるのですが、鏡で生え際をチェックすると細かい毛がヒョロヒョロ~って生えていますよね。
当時は特に意識もせずに生活していたわけですよ。

それから数か月後、明らかに生え際が後退し始めましたよ。
しかも、以前よりも短い産毛のような毛も増えました…。

今ではしっかりと対策したことで生え際の後退も復活しましたが、あのまま放置していたら禿げあがっていた恐れもあります。

なので、生え際の短い毛や産毛のような細い毛が気になり始めたら早めに対策した方が良いです(経験者は語る…)

今回は生え際がハゲてしまわないための予防法についてまとめました。

生え際は特に、禿げてからでは改善が難しい部位でもあるので、気になった今から対策しておいた方が良いです。
放置したら禿げあがるよ、マジで。

生え際に短い毛や産毛が増えてしまう2つの原因

生え際にチョロチョロした短い毛が増える原因には大きく分けて2つあります。

1.AGA(男性型脱毛症)が進行し始めている
2.頭皮環境が悪化して毛が十分に成長できていない

それぞれ詳しく解説していきます。

1.AGAが進行し始めている

「AGA」という言葉は聞いたことありますか?

AGAとは、男性ホルモンの影響で髪の毛が抜け落ちてしまう症状のこと。
主に生え際とつむじ周りが薄くなるのが特徴で、早ければ10代からでも発症してしまいます。

AGAは遺伝的な要因が大きく、特に母型の遺伝の影響が強いっていわれています。

よく「身内には薄毛がいないのに自分だけ禿げた」って人いるじゃないですか。
そういう場合、実は母型をさかのぼっていくと薄毛の家系だったケースが多いです。

とはいえ、父親から遺伝する可能性もありますけどね。

また、AGAは遺伝だけではなく、生活習慣によっても発症します。

AGAを対策するためには、抜け毛や薄毛の元となるホルモンの働きをブロックする必要があります。

育毛剤を使ったり、病院で薬を処方してもらうのが一般的。
まだ完全に禿げていない場合は、育毛剤で予防した方が副作用のリスクもないですし、毎月安く済見ます。

僕も家で育毛剤を使って対策したので、良いものを選べば効果ありますよ。

2.頭皮環境が悪化して毛が十分に成長できていない

頭皮が乾燥していたり、皮脂が過剰に分泌してベタベタしたり、炎症を起こして赤くなっていたり…。

こういうことが続いてしまうと、髪の毛がしっかりと成長できずに抜け落ちるので、短い毛が増えます。

また、髪に必要な栄養素が不足したりすると、髪が太く成長できないので細い毛が増えます。

一般的に、生え際の薄毛と聞くとAGAをイメージされることが多いけど、頭皮環境が悪化することでハゲることも多いです。

あなたの頭皮の状態はどうですか?

毎日シャンプーしているのに頭皮がベタベタしていませんか?
頭皮が突っ張ったり、痒みを感じていませんか?
頭皮ニキビなどができていませんか?

頭皮環境の悪化は、シャンプーの見直しや育毛剤を使うことでケアできます。

育毛剤って保湿成分や抗炎症作用成分も入っているから、ハゲてなくても使っておくと良いわけです。
むしろ禿げてから使うよりも、予防として使っておいた方が良いです。

生え際に短い毛が増えたらやっておくべき対策法

生え際に短い毛が増える原因が2つあるものの、どっちが原因なのかを判断するのは難しいです。
なので、ハゲ予防としては両方をしっかりと対策しておくに越したことはないです。

ここで間違った方法で対策していれば、当然効果もないですよ。
しっかりと対策しているのに禿げてきた…なんて笑えないことになるので気を付けてください。

具体的に取り組んでおくと良い対策方法は次の2つ。

1.育毛剤で抜け毛の予防・発毛促進!

絶対にやっておくべきは、育毛剤を使った予防・対策。

生え際に短い毛が増えているということは、ハゲの前兆なわけです。
そのため、1日でも早くに育毛剤を使って予防しておかないと、数か月後にはハゲが酷くなる恐れも。

育毛剤には、抜け毛の予防や発毛促進効果があるので、使うことで効果があります。
これは厚生労働省も効果を認めているので、とにかく早く使っておいた方が良いです。

ここで「シャンプーを変える」「ワカメを食べる」などしても無意味。
残念ながら、育毛剤に以外にハゲに効果的な方法はないですからねー。

育毛剤はいろいろありますが、値段がお手頃で効果があるのは「イクオス」です。

育毛剤イクオス

僕はイクオスを生え際が禿げ始めてから使いましたが、今ではしっかりと復活できるレベルになりましたよ。

イクオスには、生え際に効く成分がしっかりと入っているから効果的。
抜け毛の予防効果もあるので、禿げ始める前に使っておけば酷くなるのを防いでくれます。

育毛剤は1本1万円以上するものもありますが、そんな高いのを選ぶ必要はないです。
大事なのは値段ではなく、成分の良しあしですからね。

イクオスを予防やハゲ対策として使っている人の口コミも良いので、生え際の短い毛が気になったら試してみてください。

注文後45日以内なら返金も対応しているので、とりあえず1か月分試してみると良いです。

→ イクオスの公式サイトはココから

2.髪に必要な栄養素をしっかりと補う

育毛剤と一緒に取り組んでおくと良いのが、食事の見直し。

短い毛や細い毛が増えるということは、髪の毛が十分に成長できていない証拠。
育毛剤で頭皮環境を整えたり、抜け毛の原因をブロックしたら、必要な栄養素を食事で補うのがベスト。

具体的には、
・タンパク質
・ミネラル類
・ビタミン類
これらの栄養素を毎日不足なく補ってあげることで、髪に良い食事になります。

良く、「ワカメなどの海藻を食べると良い」と言われますが、それはあくまでもミネラル類を補っているだけ。
髪の毛はミネラル類だけではなく、タンパク質やビタミン類も必要なので、できるだけ豊富な野菜やお肉を食べることが大事。

とはいえ、いきなり食生活を変えるのって難しいと思います。

そこでお勧めなのが、サプリメントを使っておくこと。

僕も育毛に取り組み始めたときは、最初の数日食事を頑張りましたが、毎日毎日栄養バランスの取れた食事を用意するのに疲れたので、今ではサプリを使っています。

サプリメントもいろいろ販売されていますが、髪に良い栄養素だけを手軽に摂るなら「イクオスサプリ」がお勧め。

イクオスサプリEX

上で紹介した育毛剤と同じメーカーなので、セットで買うこともできますよ。

僕は生え際対策としてイクオス育毛剤とサプリを使っていますが、かなり良い感じ。
自宅で対策に取り組むならこの2つを使えば間違いないでしょー。

生え際に短い毛が多い対策まとめ

生え際の短い毛に気づいたということは、ハゲを予防できるチャンスです。

今のまま何もせずに放置していれば、数か月後にはハゲが酷くなっている可能性大。
ハゲてから発毛させるのは時間もお金もたくさん必要になります。

が、ハゲの前兆からしっかりと予防しておけば、最悪の事態になることは避けられます。

ハゲ予防は1日でも早く始めるに越したことはありません。

酷くなってから焦るのではなく、今すぐ対策を始めることをお勧めします。
明日になれば少しずつでもハゲは進行しますから、気を付けて下さいねー。

-生え際が薄い前兆

Copyright© 生え際に効く育毛剤ランキング!29歳男が取り組んだ育毛方法まとめ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.